不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

対応事例

GoMeeeの不用品回収のはじまり~東京23区巡業記~

投稿日:

 

私はサラリーマンをやめて中古品のネットショップで独立し、
1年経った頃から商品の仕入れも兼ねて不要品回収を始めました。

 

何を隠そう私もはじめは、

「こちらは~、粗大ごみの~、回収車です~」

と、半年くらいのらりくらりとスピーカーを鳴らしながら、
23区を中心に不用品回収をしておりました。

 

「うるさいな~」と思われていた方々には、
本当に申し訳ない次第です。すみません。。。

※現在はスピーカーでの営業は行っていません

 

 

実は、東京23区内でスピーカーを鳴らしていると、
1日に10件くらいのお客さんから声をかけてもらえるんですね。

「このネット時代に、こんなやり方で集客できるのか…」

と半信半疑でいた私ですが、
1時間に1回以上のペースで声をかけていただけます。

 

スーパー帰りのお母さん、窓から顔を出したおばあちゃん、
日曜大工中のお父さん、引越しまっただ中のお兄さん、

その他、世にも奇妙な体験をさせていただいたお客様多数(笑)

 

豊島区では自転車に乗ったお母さんがトラックに衝突してきて「ベビーカーいくら!?」と聞かれ、

足立区の団地でまさかの大行列ができ、

中央区で炊飯器くらいの大きさのジェスチャーしながら「洗濯機があるの」と言われ、

江戸川区では「箱付きの新しいコピー機あげる!」…中身あけたら化石レベルの古さで、

台東区でほぼ新品のブルーレイデッキを「頼む!引き取ってくれ!!」と頭を下げられる。

 

何か、あり得ないことが起きている!という感覚。
色んな感情がありましたが、そういうことが起こるたび、
わたしは、おかしくておかしくて笑っていました(笑)

 

もちろん、対応を断られたり、信用していただくことができずにへこんでしまったこともあります。

そのすぐ後に「最近来ないからー。ずっと待ってたんだよー?」と言われて元気をもらったりもしました。

 

世の中色んな人がいるものだと勉強しながら仕事をさせていただきました。

 

ご対応させていただいたお客さんに何度「ありがとう」「頑張って」と言ってもらえたか、
その頃に出会い、今でも連絡をくれる方もいらっしゃって、
本当に感慨深い時間だったというか、素晴らしい人生経験をさせていただいたなぁと感じています。

 

1日10人、1月300人、半年ちょっとで2000人のお客さんに出会い、話をしたんだ、
と考えると我ながら驚いてしまいます。

今日から少し、その頃の面白かったお話を記事にしていこうと思います。

読んでくれる方が笑ってくれたり、へぇ~っと思ってくれたら嬉しいですね。

それでは、次の記事から。
お楽しみに^^

 

不用品回収のGoMeee

-対応事例

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.