不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

GoMeee

一度見積もりを確定させたら、GoMeeeは意地でも変えない

更新日:

不用品回収の悪いところ、「見積もり金額を変える」

不用品回収と聞いて、はじめに浮かぶイメージは、

「ぼったくり」

「不潔で汚い」

「しつこい、うるさい」

そんな感じでしょうか…^^;

 

実際、今までそんなお店ばかりだったようなので、
今はそう思われててもしょうがないです。

一体何故そんなことになるのでしょうか。

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

見積もり、イメージ作り、何をとっても能力不足

まず、見積もりが変わってしまう問題についてです。

不用品の量を正確に把握するのは、けっこう難しいです。

 

軽トラックで何台分になるか、
2tトラック1台に間に合うのか、

はたまた、処分料金にいくらかかるのか、
作業時間、人件費はどれほどになるのか、

資源になるものは何割くらいか、

などなど、全てを加味した見積もりが必要です。

 

これをしっかりと、量や作業に比例して、
毎回同じ見積もりができるようになるには、
「勘」だけでは、絶対に無理です。

 

なので、毎回同じ見積もり行程をたどるように、
マニュアルが必要になってくるのです。

 

しかし、今までの不用品回収はなんとか仕事を取るために
お客様が「OK」を出してくれる値段まで下げて交渉し、
後々、作業中や積込中に採算が合わないことに気づき、
更なる追加請求をするようなお店が多かったのです。

「勘」で仕事をして、失敗したらお客さんに負担させていた、
ということですね。

 

見積もりの失敗はお店の責任、意地でも料金を変えるな

見積もりの段階で内訳が全部見えていないようでは、
プロでも何でもありません。

見積もりを出したら意地でも変更しない気概が欲しいですよね。

 

上げることもない、下げることもない、
「これがウチの料金です!」と胸を張って言いたいものです。

 

GoMeeeでは、一度確定料金を出したら、
意地でも料金を変えないということがルールになっています。

作業中に赤字になってしまうことに気づいても、
それは学びのための赤字だと肝に銘じています。

 

しかし、最近ではそんなこともなくなってしまいました^^

 

これから新人スタッフも増えてくる予定ですので、
この信念をしっかり後につなげていこうと考えています。

GoMeeeスタッフなら、誰が見積もりしても
料金に誤差が出ない、同じ料金になるという、
しっかりとしたマニュアルを作り、量の計算方法を徹底的に教えて行きます。

 

リサイクルの必要性に迫られて、不用品回収の業界も大きく変わろうとしています。

私達がその先導をしていけるように、
本気で不用品回収に取り組んでいこうと思います!

 

それでは今日はこの辺で!

GoMeeeでした!!

不用品回収のGoMeee

-GoMeee
-

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.