不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

対応事例

不要品回収業者の作業後の追加請求を現場で見て

投稿日:

 

もともと不要品回収を教わりながらやっていましたが、
たまに大きな回収案件の時に手伝いに行っていました。

確か板橋区での不要品回収の案件だったと思いますが、
全部で軽トラック7台ほどで、お家解体前の4LDK全回収、
最初の見積り料金は18万円ほどで
お客さんからご了承いただいていました。

この見積りは、教わっていた人が行ったのですが、
いつもよりかなり安いな、と違和感を感じていました。

 

もちろん、この規模の回収ですから、
お客さんも相見積もりを行っていて、
数社の中から選ばれた経緯があったのです。

 

回収も終盤になった頃、もう夕方です、
家の中で見積担当者とお客さんがもめている声が聞こえてきました。

「最初の金額は何だったんですか??」

「積んでみないと量がわからないこともあるんです」

 

…あぁ、と気づきましたが、新人の私は何も言えませんでした。

一体どれくらいの上乗せをしたのか気になったので聞いてみると、

35万円…

 

18万円から17万円UPです。

「積んでみないとわからない」というのは、
実際、部屋中にバラバラに回収物があると難しいので、
あながち嘘ではありませんが、

それにしてもやりすぎです。

 

さらに、

「ご納得いただけないなら、全て降ろして帰ります!」

とか、

「処分料金はいただきませんが、作業料は払ってもらいます!」

とか、挙句の果てに

「駐車場の料金も請求します!」

なんてことも…

 

見積りを間違えたのはアンタでしょーがッ!!!

 

って言えなかったのは、まだまだ自分が若く、弱かったからなんですが、
今でも思い出すとお客さんがかわいそうです。

 

私も回収物の量を見誤ることはあります。

先月末にも2tトラック2台でおさまると思ったら、
2.5台になってしまいました。

見積り料金は9.8万円 × 2台 =196000円、
少し新しい家電がありましたので、
おまけもつけて19万円ちょうどでご対応させていただきました。

 

2台積みきる前に、全て積むのは無理だと感じ、
お客様へもう1台トラックを用意することと、
値段が変わらないことをお伝えし、ご了承いただいて作業を進めました。

 

見積りの間違いを、お客さんの負担にするのは
明らかに間違いです。

 

これは私たちが正義で、私たちを選んでほしいということではなく、
安いということだけで業者を選ぶのであれば、
しっかり値上げしないことを約束する誓約書などを書いてもらうことをオススメしたい、

ということと、

そんなことをいつまでもやっていたら、
本当に不要品回収業界に対する信頼が0になってしまうよ
という同業者への注意の意味として伝えたいです。

 

お客さんには、
見積もりに来た担当者の感じがいいから、人当たりがいいから、
ということだけで安心せず、簡単でもいいので紙面で約束をすることをオススメしたいです。

プレッシャーがかかるだけで、相手は簡単に悪さできなくなります。

 

 

大型の回収は、
遺品整理、思い出の詰まったお家の解体、引っ越しなど、
人生の節目にあたる大事な時間に伴うことが多いです。

嫌な思い出にしないためにも、
慎重な業者選び、契約の結び方をしていただきたいと、
心から強く思います。

 

今日は私が見た、不要品回収業者が作業後に追加請求する瞬間についてお話しました。

ご注意を!

 

不用品回収のGoMeee

-対応事例

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.