不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

対応事例

化粧品やペンキなどの液体は紙に染みこませて捨てる!

投稿日:

液体の処分方法は紙に染みこませて燃やすゴミ

部屋の掃除をしているときに困ってしまうのが、
化粧品やペンキなどの液体ゴミ。

液体はごみ収集してくれませんので、
どうしたものか考え込んでしまう方が多いようです。

 

今日は液体の捨て方をピックアップ!

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

紙に染みこませる方法は?

基本的に液体は、新聞紙などの紙に染みこませて、
乾かしてから燃えるゴミで捨てます。

と、言っても、紙にちょっとずつ液体をたらしていくのは、
時間もかかりかなり面倒です。

 

そこで効率の良いやり方がありますので、
お伝えしたいと思います。

 

まず、ビニール袋を用意します。

そこに、新聞紙をちぎったり、くしゃくしゃに丸めて、
少しだけ広げたものを入れておきます。

ダンボールなんかもしっかり吸ってくれますよ!

紙に染みこむ分だけ流し込んで、
振ったり、混ぜたりすると、簡単にしみこんでいきます。

 

液体を入れすぎてビニールに残ってしまったら、
新聞紙を一回取り出し、ベランダなどで乾かしておき、
新しい新聞紙をまたビニールに投入します。

 

ビニール袋がいくつかあると、
入れ替えながら作業できますので楽ですよ^^

 

乾いてしまえば燃えるゴミでOK

液体を染みこませた新聞紙ですが、
ビニールに入れたまま放置でも大丈夫です^^

何日か放っておけば自然に乾きます。

 

乾いてしまえば燃えるゴミで処分するだけ。
自治体の収集日に合わせて捨ててしまいましょう!

 

少々面倒だとは思いますが、
ゴミ屋さんもここまでやってあげると喜びますので、
くれぐれもゴミ袋に紛れ込ませたりしないようにしてくださいね!

 

それでは、今日はこの辺で!

GoMeeeでした!

不用品回収のGoMeee

-対応事例
-

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.