不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

対応事例

古くなった灯油の処分はガソリンスタンドへ

投稿日:

「ガソリンスタンドへ」とタイトルに書きましたが、
一応礼儀的なものがありますので書いて行こうと思います。

 

無料で灯油を廃棄してくれたら、お礼をしてみる

灯油の処分ですが、
だいたいシーズンが終わり、また新たなシーズンが始まった頃に、
「これどうすっぺ?」と処分に困るケースが多いです。

 

これから使おうという時期であれば、
「処分してもらう代わりに、新しい灯油を買っていく」
くらいのお礼はしておきたいものですね^^

 

灯油の処分が有料なガソリンスタンドもありますので、
一度電話して聞いてみるとよいと思います。

お金を払って捨てたほうが気が楽だったりもしますけどね^^;

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

少量の場合は自宅で処分する方法もあります

少量の場合は新聞紙やボロ布などに染みこませて、
燃えるゴミとして捨ててしまっても大丈夫です。

 

その際には、濡れた布や新聞紙で、
灯油を染み込ませたものをくるんでおいてください。

灯油は自然発火するほど発火点は低くないですが、
ニオイが発生する可能性もありますので、
ちょっと工夫するだけで危険ではなくなります。

 

まだ使える灯油と、古くなった灯油の見分け方

灯油は、保存方法が正しければ、
1年近く持ちますので、実はシーズンをまたいで使用することができます。

 

古くなって、石油ストーブの故障を招くような灯油は、
色を見ることで見分けることができます。

本来無色透明なのですが、
劣化したものは黄色味を帯びていたり、
茶色っぽかったりします。

 

色がついてしまった灯油は、
ストーブの故障の原因となりますので、
上記の方法で処分してしまいましょう^^

 

ちょうどストーブのシーズンも終わりましたので、
灯油の処分について書いてみました!

それでは今日はこの辺で!

GoMeeeでした!!

不用品回収のGoMeee

-対応事例
-

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.