不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

遺品整理

大切なものと、不要なものを選別する遺品整理の手順

更新日:

遺品整理の手順

遺品の整理をする、とはいったものの、
さて、何から始めましょうか。

必要なもの、とっておきたいもの、
貴金属類やブランド品などの有価物、
写真や洋服、着物など、
自分で確認して、選別したいものがたくさん残っています。

 

そして、不要なものは、
粗大ごみになるもの、
燃えるもの、燃えないもの、
資源になるものと分別しなければいけません。

テレビや冷蔵庫、洗濯機は粗大ごみでは廃棄できませんので、
別途、電器屋さんに引き取りを依頼します。

 

こうやって考えていると、億劫になってしまい、
何でもかんでも業者に頼んでしまいたくなってしまいますね^^;

 

しかし、高価なものまですべて回収を頼んで、
持っていかれてしまうのも癪だとおもいますので、
ある程度できることはやってしまいましょう!

何もせずに業者に依頼すると、
作業料もかさみ、結果とても高額になってしまう可能性もありますので、
できることだけでも手をつけてみると良いと思います。

 

ぼくたちが遺品整理のご依頼をいただいたときの作業工程を
ざっくりご紹介いたします。

みなさんがご自身で作業される場合にも、
大きな違いはございませんので、
良かったら参考にしてみてください。

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

準備するもの

遺品整理をする前に準備しておくものをお伝えします。

大量のビニール袋
ダンボール箱
クッキーの空き缶のような小さな箱

これだけ^^

分別をするのに必要なのは、ビニール袋とダンボール、
小分けにまとめられる小さな箱だけです!

 

すぐできること

とにかく、目に付くものから分別しつつビニール袋に詰めていきましょう。

分別の仕方はいつものゴミ出しと一緒です。

 

3袋程度のビニール袋を用意して広げておき、
ダンボールも2箱くらい作っておきましょう。

これらを部屋の真ん中においておき、
以下のように分別しながら投入していきます。

紙→ダンボール
食器→ダンボール

金属→ビニール袋、大きな物はそのまま
家電→ビニール袋、大きな物はそのまま
洋服→ビニール袋

その他→ビニール袋
(文房具、プラスチック製品、その他一般的なゴミ)

 

分別しながら、貴重品や思い出の品が出てきたら、
まずはダンボールに一括でまとめてしまいましょう。

小さなものは、クッキーの空き缶などの小さい箱にまとめて、
これもダンボールにまとめておきます。

 

細かくやりすぎると先に進めなくなってしまいますので、
ざっくりとこなしていきましょう!

 

ここから業者に頼むと安く済む!

大量の不用品は、いつもの曜日ごとのゴミ収集では持って行ってくれません。

地域によっては1日につきゴミ袋3個まで、と決まっているところもあります。

 

粗大ごみも1回に回収してもらえる個数が決まっており、
一度に全て廃棄することはできないのです。

少しずつゴミ出しをするという時間があれば、
それが一番安く済むと思います。

 

しかし、お部屋の退去日が近かったりすると、
そうゆうわけにもいかない場合があります。

 

そこで、ぼくらのような回収業者の出番ということになります。

 

もし、上記のような分別の作業をしてもらえていたら、
かなり料金を安くすることができます。

もちろん、やらなくても、
そのままの状態からご依頼いただくこともできます。

この辺は、後日、安く頼む方法をピックアップして
お伝えしていきますのでご期待ください^^

 

今日はこの辺で!

次回は分別の方法を詳しくお伝えしていきます!

不用品回収のGoMeee

-遺品整理

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.