不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

対応事例

最終処分場が限界に近い。首都圏はもう数年でいっぱい!

投稿日:

最終処分場はあなたが生きている間にいっぱいになってしまうかも

ゴミの最終処分場は全国にありますが、
もう埋め立てられる限界が見えてきています。

 

特に首都圏は厳しく、
受け入れ先を地方に求めている状態です。

処分価格も年々高騰しており、
本気でリサイクルを普及させなければいけない状態になっています。

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

最終処分場の残余年数 平成27年1月 環境省発表

結論から。

環境省が発表した最新の情報では、
最終処分場の残余年数は19.3年

 

全国を平均した数値であり、首都圏や中部ではもっと厳しい状況にあります。

他地域の処分場も使わなければいけなくなり、
受け入れができなくなることもあります。

 

最終処分場の残余要領は1億731 万m3(前年度  1億1,226 万m3)

最終処分量は454万トン。

 

リサイクル技術が進んでおり、最終処分料は毎年減っていますので、
そこまで計算にいれると19.3年でいっぱいになる、という予測が立ちます。

 

計算では、首都圏の最終処分場は5年ほどでいっぱいになるという状態にまでなっており、
地方へ分散しなければどうにもならない状況です。

 

リサイクルの効率化、コストダウン、普及と技術向上が急がれます!

このままいけば、最終処分場はあなたが生きているうちにいっぱいになります。

それを阻止するべく、リサイクル技術は年々高まってきており、
効率化による処理量のスピードアップ、コストダウンなど、
資源化するための取り組みが行われています。

 

しかし、まだまだ現状ではすべてのゴミを資源化するなど、
到底無理な状態です。

 

技術の向上だけでなく、情報の共有、普及、
リサイクル工場の増設などやらなければいけないことがたくさんあるんですね^^

GoMeeeもリサイクルに全力をかけて取り組んでいこうと思います!

 

それではこの辺で!

GoMeeeでした!!

不用品回収のGoMeee

-対応事例
-

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.