不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

不用品回収

消火器の処分方法と費用がめんどうなことになっている

更新日:

消火器の処分方法と料金

2010年から、消火器のリサイクルに関する法律、システムができ、
消火器の処分には費用がかかるようになりました。

消火器リサイクル推進センターが、リサイクルシールを販売しており、
消費者がその費用と送料を負担する形でリサイクルをしています。

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

消火器の処分にかかる費用

リサイクルシールは1枚550円。

消火器リサイクル推進センターに申し込んで、
郵送で送ってもらいます。

 

その際の送料は消費者負担ということで、
864円がさらに加算されます。

 

合計で1414円。

けっこう高いです^^;

 

他にも指定引取り所や、特定窓口で購入するという方法もありますが、
そうした場所でのシールの価格はなぜかオープン価格。

上記の金額より大きく値段が下がることはないでしょう。。。

 

また、シールを消火器リサイクル推進センターから購入しても、
指定引取場所以外の、特定窓口で処分を依頼すると、
別途「保管手数料」がかかってきます。

ちなみに指定引取場所は、関東にしかありません。。。

 

引き取りを依頼することもできますが、
別途収集運搬費用がかかります。

処分代金や、申し込みの面倒さで、
クレームも上がっていますが、
これが正式なリサイクル方法として定められているのでしょうがありません。

 

消火器処分の申し込み方法

シールを購入する方法ですが、
消火器リサイクル推進センターのHPでID登録をしてからでないと
注文することができません。

登録完了後、注文し、
後日、ヤマト運輸で届けられます。

 

シールを貼り付け、
特定窓口、指定引取場所へ持ち込むか、
または出張引取りを依頼します。

大まかな流れはこんな感じです。

 

最近のリサイクルという言葉について

最近、リサイクルという大義名分で、
処分費用が高額になってきています。

 

逆に、本当にリサイクルに努めている方々は、
できるだけリサイクルから発生する利潤を高め、
買取ができる方向に向かっているのも事実です。

本当にリサイクルを推進するということは
どういうことなのかをしっかり考え、
自然と広がっていくリサイクルを心がけていきたいなぁと感じます。

 

GoMeeeも、リサイクルルートの確立につとめ、
お客様に還元できる回収方法を考えていこうと思います。

 

それでは、今日はこの辺で!

GoMeeeでした!

不用品回収のGoMeee

-不用品回収
-

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.