不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

対応事例

環境省の漂流ごみ調査、東シナ、対馬でプラごみ大量

投稿日:

漂流ごみ激増問題。オランダも日本で調査へ

環境省が日本近海の漂流ごみの調査をし、
東シナ海、対馬海峡で特に多くごみが漂流していることを発表しました。

 

たくさんの情報をまとめてみると、

東シナ海 → 中国
対馬海峡 → 韓国

という見解を示しているようです。

 

もちろんその中には日本のごみも含まれています。

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

漂流ごみってなんですのん?

漂流ごみ2
 

漂流ごみのうち、約56%が石油化学製品、
つまりプラスチック製品だということです。

発泡スチロールやペットボトル、
レジ袋、プラスチックなど、人工物が半分以上を占めています。

 

ゴミの処分が適切になされていないのではないか、というのが
環境省の推定です。

 

海に流出するプラスチックは、世界全体で500万~1300万トンと言われております。

これらは、紫外線にあたったり、波に打たれることで細かく小さくなってしまいます。

 

特に5mm以下の大きさになったプラスチックは、
マイクロプラスチック」と呼ばれており、
魚や貝類がプランクトンと間違って食べてしまい、生態系に悪影響を及ぼしているといわれています。

マイクロプラスチック

 

対馬海峡では発泡スチロールが、
東シナ海ではペットボトル、ガラス瓶、飲料缶が多く見られています。

ポリタンクの漂着も問題になっており、
中身は強酸性の液体だったりするので、こちらも見逃せない問題になっています。

 

また、ゴミの中には注射針などの医療系ごみも見受けられ、
漂流ごみ問題はとても深刻になってきています。

 

オランダの団体が対馬の漂流ごみ調査へ!

長崎県対馬市の要請で、
オランダの「オーシャンクリーンアップ」という非営利団体のCEOが来日しました。

 

オーシャンクリーンアップ相表のボイヤン・スラットさんは、
対馬海峡に全長2300メートルのフェンスを浮かべて、
漂流ごみを回収、調査をする計画を発表しました。

オーシャンクリーンアップ

 

長崎県は昨年度のごみ回収に4億5000万円の費用がかかっており、
漂流ごみ問題に日本一被害を受けています。

これに応えてくれたオーシャンクリーンアップ。

日本の調査が終わり次第、ハワイやカリフォルニアで調査を行うということなので、
お忙しい中本当にありがたい次第でございます!

フェンス

 

プラスチックごみによる損失は、世界で1兆3000億円以上になっており、
100種類以上の生物が生存を脅かされています。

 

排出を削減するための対策、
除去するための技術革新が求められています。

一刻も早い問題解決に至るよう、
一般の方々も海へごみを出すのは絶対にやめましょうね!

 

不用品回収のGoMeee

-対応事例

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.