不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

遺品整理

病院での親戚の死亡確認後にやるべきこと

投稿日:

 

病院でのご臨終の場合、
かかりつけ医がすぐに死亡確認をし、死亡診断書を書いてくれます。

集まった親族は、
「末期の水」や「湯灌」「身繕い」「死化粧」など、
ご遺体のケアをしてから、ご自宅への搬送手続きを進めなくてはいけません。

時間がなく、葬儀屋さんを決めるだけでも焦ってしまいます。

※病院によっては「早く搬送してくれ」という雰囲気を出しているところもありますので。。。

 

葬儀屋さんを決めるタイミング

葬儀屋さんを決めるタイミングは、
一番ベストなのはご臨終前に決めておくことです。

ただ、どうしてもご存命中に葬儀屋さんを決めることができないという方は、
ご臨終のタイミングになってしまいます。

ご臨終直後のタイミングで手続き的な作業をしなければならないのは、
ご存命中に葬儀屋さんを決めるよりも大変です。

 

また葬儀屋さんを決めておくと、
病院からの搬送もお願いできますので、
後々スムーズになります。
故人との別れを急かされるのは嫌ですからね。

 

搬送は葬儀屋さんじゃなくても良い!

ご臨終直後に葬儀屋さんを決めるのは難しく、
病院と提携している葬儀屋さんにお願いすることもできます。

ただ、覚えておいてほしいのは、
葬儀屋さんじゃなくても自宅への搬送は可能です。

ご自身で車で搬送することも法的になんら問題ありません。
死亡診断書さえあれば、病院の外へ搬送することができます。

葬儀屋さんを決めあぐねて焦ってしまうよりは、
ご自身で搬送し、自宅に布団かベッドを用意するだけでいいので、
一旦落ち着いてから葬儀屋さんを決めるのもいいと思います。

 

冠婚葬祭にかかる費用は、本当にピンキリですので、
下手に焦ってすべてを決めてしまうのは良くないです。

ゆっくり落ち着ける時間を確保することが先決です。

 

自宅への搬送が難しい場合

例えば、マンションで近隣に知られたくなかったり、
実家が狭くて、どうしても安置させることができないなどの問題があります。

この場合は自宅以外の場所へ一時的に安置させてもらうこともできます。

安置室・保冷庫のある、
「斎場」「葬儀屋さん」「火葬場」など、
こうした場所に安置させてもらいます。

しかし、一時的な安置をさせていただく場合には、
やはり葬儀屋さんの力を借りるのがベストです。

 

できる限りご臨終前に葬儀屋さんを決められておくのが、
精神的にも安心できると思います。

 

死亡診断書はとても大事!

搬送の手配が済んだら、病院へ清算し、
「死亡診断書」をもらいます。

これは後ほど説明する、「死亡届」「火・埋葬許可書」、
さらに「保険金」や「遺族年金」にも必要な書類になります。
何度も取りに来るのは面倒ですので、2通は書いてもらいます。

十分注意して保管しておきましょう。

 

ご遺体を搬送される際には、
死亡診断書を携帯しなければいけません。

必ず所有されている方が同乗するようにしてください。
これは葬儀屋さんの寝台車に乗る場合も同じです。

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

故人の資産はすぐに凍結されますのでご注意!

故人の資産、銀行口座などは死亡後に凍結されてしまい、
取引ができなくなってしまいます。

故人の資産を葬儀の費用にあてる予定の場合、
こうした問題に躓いてしまうことがありますのでご注意ください。

ご臨終前に口座を解約し、現金にしておくという方法もありますが、
タイミングはとても難しいと思います。

なるべく早く、まだと思っても先にやっておくという気持ちがだいじですね。

 

親族各位への連絡を済ませ、出発します

近親のみに連絡をとり、搬送先を伝えます。

駆けつけていただける方にはできるだけ来ていただきましょう。
時間が経つ前に会うということは、気持ちが少し違うものです。

年配の方が多い場合には、
宗教・宗派の確認をしておきましょう。

特に、場を取り仕切る役を担っている方には詳しく、
安置方法などを聞き、
場がスムーズに動くように取り計らいます。

 

次は、葬儀の打ち合わせなどが待っています。

葬儀関連だけでもたくさんやることがあって、
大変ですが、焦らずゆっくりやっていきましょう。

 

 

 

 

不用品回収のGoMeee

-遺品整理

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.