不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

遺品整理

自宅へ搬送から葬儀までの流れ(日本の一般的な流れ)

投稿日:

ご遺体を病院から自宅へ搬送した後は、
安置・枕飾りの準備→葬儀の打ち合わせ→枕経・納棺
という流れで進めます。

これは一般的な日本の葬儀の流れですので、
別の記事でその他の方法についても書いていこうと思います。

今回は日本式でご説明していきます。

 

安置・枕飾りの準備

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

安置の仕方

いつも使っていた寝具に、新しい(もしくは洗濯した)白いシーツ、
掛け布団も白いカバーを使ってご遺体を安置します。

宗派によって、北枕だったり、西枕だったりしますので、
ご親族に詳しい方や、場を取り仕切る方がいらっしゃれば、
指示を仰ぐのがよいでしょう。

※北枕で寝るなと小さいころに言われましたが、
ここから来ているんですね!

寝具の準備などは、葬儀屋さんがやってくれることもしばしばあります。

顔には白い布を被せてあげましょう。

 

ご遺体の胸の位置に、「魔除けの刀」を置きます。
「刀」ということですが、さやのついている刃物であれば良いともされていて、
さや付きの果物ナイフなどでも大丈夫です。

 

死後硬直まで包帯を巻いておく病院もありますので、
安置の際には外してあげましょう。

 

枕飾り

小さな机に白い布をかけた、簡易的な祭壇を作ります。

その上には、焼香用の線香・香炉・灯明を置き、
箸を1本だけさした茶碗飯、水、団子などを供えます。

これは葬儀屋さんがやってくれます。

箸は2本さす場合もありますが、これも参列する詳しい方の意見を飲むのがスムーズだと思います。

※これも小さいころに怒られましたね(笑)

 

ちなみに枕団子って何なのかって話ですが、
お釈迦さまが悟りの世界に行くときに献上されたごはんを断りました。
なので、死後に団子を供えた、という話から団子を供える風習があります。

 

安置や枕飾りの準備をしながら、
自宅でお経を読んでもらうためのお坊さんの手配も進めていきます。
もちろん、これも葬儀屋さんが平行してやってくれるでしょう。

 

葬儀の打ち合わせ

打ち合わせに入る前に、
上記の準備をしている間に葬儀屋さんに死亡診断書を渡し、
「死亡届」と「火・埋葬許可証」の手続きを代行してもらいましょう。

葬儀屋さんがいると、全て任せられるので安心ですね。
ただ、自分でやることもできますので、
あまり頼り切りたくない、という方は自分でやってしまうのも良いと思います。

親族からどういった意見が出るかを参考にしながら、
ご自身にあったやり方で進めていくと良いでしょう。

打ち合わせ内容

・役割分担
一番大事な役割分担です。
喪主、受付、会計、接待、お坊さんの案内、世話役などを決めていきます。
葬儀屋さんがリードしてくれますので大丈夫です。

・葬儀会場、火葬場、葬儀の形式、日時
場所や日時を決めてスケジュールを立てていきます。
こちらも葬儀屋さんに相談しながら決めていけば問題ありませんね。

 

・費用の見積もり
葬儀代、お布施や戒名料金、車代や心づけなど、
多めに現金で用意しておきます。
ここで故人の預金を使う予定であれば、先に口座から降ろして現金化しておきましょう。
死亡後は故人の口座は凍結されてしまいます。

来場者の人数を予測して、香典返しや飲食の準備もします。

 

準備が整ったら、親戚や知人への連絡を済ませます。
弔辞をしてもらう予定の人がいれば、この時にお願いしましょう。
近隣住民の方にもお知らせすると親切ですね。

 

枕経・納棺

お坊さんが到着したら、接待をして、
ご遺体の方へ案内します。

遺族も一緒に同席し、枕経を読んでいただいた後、
死装束へ着替えさせて納棺します。

このとき、故人との思い出の品や、
故人が好きだったものを一緒に棺へ入れてあげましょう。

燃えない金属などは入れないように注意しましょう。

葬儀屋さんが案内してくれますので、相談しながら進めていきます。

 

斎場の予約日には、遺体搬送車で斎場に向かいますが、
近隣の方がお見送りしてくれる場合には
喪主が故人に代わって挨拶をするようにしましょう。

 

さて、ここまでが病院出発から、葬儀までの流れとなります。

忙しくて故人との別れを惜しむ暇もない、といったところでしょうか。

でも、故人と付き合いのあった方々と連絡を取ったり、
思い出話を聞いたりしながら、
はじめて知る故人の姿というのも見えてくることがあります。

 

忙しくて大変!なんて思わないで、
たくさんの方々と思い出を分かち合うつもりで、
この時間をじっくりと味わい、考えてみてはいかがでしょうか。

 

次回はお通夜、葬儀のお話しです。

 

不用品回収のGoMeee

-遺品整理

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.