不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

対応事例

食べきりSaiTaMa大作戦

投稿日:

埼玉県で生ごみを減らす「食べきり大作戦」始まる

埼玉県で食べ残しを減らす「食べきりSaiTaMa大作戦」という活動が
地元飲食店や消費者向けに行われています。

(なぜ表記が「SaiTaMa」なのか気になりますがスルーします)

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

後30年で埼玉の最終処分場もいっぱいになる

背景には、やはり最終処分場の限界が迫っており、
ゴミの量を減らしていかなければならない状況があります。

今までのペースでごみを捨てていくと、
約30年後には埼玉の最終処分場はいっぱいになっていまうといわれています。

 

中でも生ごみは、処分されるゴミの大部分をしめており
日本一ごみの排出量が少ない愛知県松山市でも、
生ゴミの処分方法について、強く意識改革を行っています。

埼玉のごみ問題も解決策を生ごみから見出すというところを
いい意味でまねたのだと思います。

 

食べきり大作戦の内容

食べきり大作戦は3つの取り組みで生ごみを減らすことを目標にしています。

①食べきりスタイル

②食べきりタイム

③食べきりメニュー

どれもタイトルからはなんのことかわかりません^^;

 

食べきりスタイル

買い物→調理→片付け、

全ての行程で食品ロスを減らすことを意識しましょう、という取り組みです。

 

・買い物

冷蔵庫の在庫を把握して、食べきれる分だけ購入するようにし、まとめ買いを避ける!

賞味期限の近いものを優先的に購入する(…^^;)

食べきれない量を収穫したり人からもらったら、早めにおすそ分けする(…^^;)

すごい、ここまで突っ込んでくるんですね!

 

・調理

ブロッコリーの芯、にんじんや大根の皮、
しいたけの軸、ホウレンソウの根元を有効的に料理に使う!

これは難しい…。
啓蒙だけでは根付かなそうです。。。

 

・片付け

生ごみはできるだけ濡らさないようにして、処分するときは水気を切る。

うん、これが一番わかりやすい。

ただ、面白い内容もありました。

定期的に冷蔵庫の整理をする(週末にあまった食材でお好み焼きにする!)

埼玉県の週末はお好み焼き指定!面白い。

 

食べきりタイム

食べきりタイム
食べ残しが一番多く出るタイミングは、
居酒屋での宴会です。

そこで、締め前の15分は「食べきりタイム」。

幹事さんに声を掛けるよう、お願いしています。

 

これが楽しくできれば、かなり効果ありそうですね!

宴会では普段の食事の約5倍の食品ロスがあるそうです。

 

食べきりメニュー

注文しすぎて、食べきれないことにならないように、
少なめにしてもらったり、食べきってから追加を頼みましょう、という注意。

飲食店には、ハーフサイズや小盛りサイズ、計り売りなどを推奨しています。

レストラン

 

これも、ちょっと難しいかも。

 

注文しすぎてしまう方は注意すれば食品ロスは減るかもしれませんが、
レストランのハーフメニューは経営にストレスがありそうです。。。

でも、実践されている企業さんもいると思いますので、
頑張ってほしいところですね!

 

というわけで、食べきり大作戦を取り上げてみました。

ちょっと難しい部分も多いですが、
声をあげないよりかは、確実に効果はあるはずです。

活動を通して見えてくる、大きな効果のある取り組みも見えてきているはず。

何もしないより全然いいです。

今後食品リサイクルも変わっていきます。

きっと生ごみも、全国規模で循環していくシステムができるでしょう。

そうすれば、楽に、お得に、ゴミゼロへ向かって進んでいけると思います^^

不用品回収のGoMeee

-対応事例

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.