不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

リサイクル

食品リサイクル法を簡単にまとめてみた!

投稿日:

食品リサイクル法を知りたい人のための1分間講座

食品リサイクル法について、
できるだけ簡単に概要をお伝えしていきます!

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

食品リサイクル法ってなんですの?

食品に関する廃棄物を減らし(抑制)、
廃棄物を飼料や肥料として使い(再利用)、
それでもダメなら燃やして電気エネルギーにし(熱回収)、
最後に残ったものは水分減らして、乾かして小さくする(減量)、

これが食品リサイクル法の全てです。

 

食品メーカー、
スーパー、コンビニ、八百屋などの小売店、
レストランなどのの飲食店が
協力して生ゴミを減らそう!というシステムですね^^

 

飲食店などの事業者がやらなきゃいけないこと

まず、事業者がやらなきゃいけないことなんですが、
排出量が多くなければ何もする必要はありません。

 

年間の廃棄物排出量が100トンを超えると、
毎年度、排出量を国に報告しなければいけなくなります。

フランチャイズなどは、1つとみなされますので、
事業主が違えど全体で100トン以上の場合は報告義務が生じるので注意。

 

食品廃棄物に関してのみ、一般廃棄物運搬の許可が不要になる制度!

条件は結構厳しいですが、
食品リサイクル法によって市区町村の一般廃棄物運搬許可が
不要になる制度があります。

 

広い地域で運搬ができるようになるため、
食品廃棄物を効率的に収集することができるようになる、
というのが狙いです。

再生利用事業計画が認定されれば、認可がおりるのです。

 

認可がおりる条件を簡単にまとめます!

・ちゃんと飼料化したり、リサイクルできる
・再生した分の飼料を使う、または使ってるくれる業者がある
・再生する際のリサイクル割合が高い
・しっかり運搬事業を経営できる

リサイクルの割合に関しては計算式があります。
本気で認可を受けようとしている方は、
参考にされてください。

 

食品リサイクル法 計算式

食品リサイクル法計算式

 

 

 

 

 

 

以下の図がとてもわかりやすいです。

sys_c_05

 

 

 

 

 

 

 

 

ずばーっと一気に説明してみました!

とにかく食べ残しや、食品を加工した際のゴミを、
どんどん減らしていこうぜっていうシステムです。

 

法律や、仕組みに関して、
深く細かく知りたい方は、以下の公式HPをご参照ください。
http://www.shokusan.or.jp/kankyo/shoku/index.html

 

それでは、今日はこの辺で、

GoMeeeでした!!

不用品回収のGoMeee

-リサイクル
-

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.