対応事例

高田馬場のオオゼキで「新宿2丁目いけるよ!」と言われた話

 

今日はスピーカーを鳴らして回収を行っていたときの話しです。。。

 

高田馬場のオオゼキの前で、
40代くらいの男性から声をかけられました。

回収の依頼ではなく、
とにかく世間話がしたかったらしく、
私も暇でしたのでちょっと話に付き合ってみました。

 

2分くらいで気がついたのですが、
手のしぐさや言葉遣いが女性、いわゆる「おかま」の人でした。

私「もしかして、こっち系ですか?」(右手を左のほほにつけるジェスチャー)

男性(?)「うん、そう!」

 

まぁ私はそっち系の人を否定する気持ちまったくありませんので、
普通に話こんでいました。

不用品回収の話はほとんど出てこない、
ただの世間話です。

 

でも、話の流れがだんだん、
私をスカウトしたいという感じなっているようでした(笑)

 

男性(?)「あなた、新宿2丁目いけるわよ!」

「もう少し年取ったら、ひげも濃くなるしできなくなるわよ!」

 

やるなら今のうち、みたいな言い方だけど、
私は本当にやりたくないのです。

だんだんとエスカレートしていって、

 

男性(?)「やんなさいよ!」

強制ですか、むちゃくちゃです(笑)

ルフィがチョッパー誘うくらいむちゃくちゃです。

 

苦笑いしながら断り続けること20分。

 

男性(?)「もういいわよ!これ、あげる!!」

トラックの窓越しに、顔面に投げつけられたのは、

「塩辛干しちゃいました」

…。

 

そのままスタスタと遠ざかっていき、

また戻ってくるwww

 

結局1時間以上話をしてしまいました!

 

本当にいろんな人がいるなぁ、と強く感じた日でした。

今思えば、何も起こらない日のほうが少なかったですね。

 

今後も楽しい出会いに期待しながら仕事をしていこうと思います^^

 

 

 

不用品回収のGoMeee

-対応事例

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.