不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

リサイクル

古紙がリサイクルされて再度紙になるまで

投稿日:

平安時代から続く古紙再生の技術

古紙の再生は平安時代から続いています。

 

植物繊維は、水に濡れた状態でくっつけて、乾かすと、
そのままくっつく性質があります。

そして、くっついた植物繊維は、
水に濡らすとまたバラバラになる、という性質も持っています。

 

繊維の単位まで簡単にばらすことができ、また簡単にくっつけられる。

紙が優良なリサイクル資源であることの理由です^^

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

古紙が再生されるまで

古紙の再生技術は、根本は変わっていません。

現在ではリサイクル工場にパルパーという機械があり、
そこに古紙を入れていきます。

底面には扇風機のようなファンがあり、
回転させることで水を混ぜて、紙を繊維に戻します。

 

次に「インキ抜き」という行程を通ったり、通らなかったりするのですが、

インキ抜きされたものは本やコピー用紙などの一般的な紙となり、
インキ抜きされなかったものはダンボールとなります。

 

今では再生紙の品質も、新しい紙と見た目はほとんど変わらなくなりました。

商品の種類も増えており、
これから再生紙の需要も増えていくでしょう。

 

古紙の価格は急騰している

5-10年前に比べると、古紙の価格は急騰しています。

 

一時期は「毎度おなじみ~、古紙回収でございます~」と拡声器でトラックが回っていましたが、
最近までまったく見なくなっていました。

古紙の価格は下落してしまっていたんですね。

 

古紙の価格は景気に左右されることから、
最近までずっと安い価格でした。

 

しかし、今は中国への輸出や、IT化によって紙の消費量が多くなり、
需要が高まっています。

 

1円/kgまで下がった紙の値段も、
今は10円/kgまで上がっています。

古紙が必要とされている、ということです。

 

ですので、是非とも、紙は燃えるゴミに捨てずに、
リサイクルするように心がけていただきたいな、と思います^^

今日は古紙のリサイクルについてお話いたしました!

 

それでは!

不用品回収のGoMeee

-リサイクル

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.