不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

リサイクル

DOWAエコシステムがミャンマーで最終処分場建設

投稿日:

リサイクルの分野で世界一を目指すDOWAエコシステム

2014年より「motivate our planet(私たちの惑星・地球をイキイキと輝かせよう)」
という標語を掲げ、環境・リサイクル分野の世界一を目指しているのが、

DOWAエコシステムです。

 

DOWAエコシステムが10月からミャンマーで最終処分場を建設するということで、
本日はピックアップ!

 

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

DOWAエコシステムとは

鉱山の開発を行い、鉱石から非鉄金属を分離、抽出する技術を持っていた、
同和鉱業のエコ&リサイクル部門を母体として生まれたDOWAエコシステム。

 

家電や携帯電話から、レアメタルを取り出す、
いわゆる「都市鉱山」の開発技術も持ち合わせています。

その技術は国内だけでなく、海外からも注目されています。

 

日本だけでなく、タイやインドネシア、シンガポール、中国の
廃棄物しょり、金属震源の抽出、土壌浄化までやってのけます。

 

独自の物流網を持ち、安定した事業活動を行ってきたDOWAエコシステムが、
10月よりミャンマーのティラワ経済特区で管理型の最終処分場を建設します。

 

ミャンマーの現状とリサイクル

経済開放が進んでいるミャンマーでは、
交通、電力などの発達が進んでいます。

工業の発展に伴って、廃棄物の発生が増え、
それらの処理能力や、適正処分方法の確立が重要となっていました。

 

ミャンマーに作った子会社は資本金40億円以上、
建設しようとしている管理型最終処分場の面積はなんと42万m2。

ミャンマーでは初の管理型最終処分場になるといいます。

 

有名どころでは、中国で勢力を伸ばしている「洗車の王国」のように。
何年か前から、日本の技術を海外で提供するという動きが活発になってきています。

もちろん、海外での日本の活躍は大いに期待できます。

 

しかし、日本国内での技術の向上、
またその技術の普及の波が起こると最高だなぁとも思います。

 

今回のミャンマーでのリサイクル事業が、
日本のリサイクル技術向上と普及にも拍車をかけていってくれたら、
嬉しい限りですね^^

 

まだまだリサイクルは序の口、
これからの発展がとても楽しみです!

不用品回収のGoMeee

-リサイクル

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.