不用品回収・遺品整理のことなら清潔なスタッフ、丁寧な対応のGoMeee

不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー)

不用品回収

不用品回収とは-何をどこまでやってくれて、いくら料金がかかるの?-

更新日:

大量のゴミでお困りの方は不用品回収のGoMeeeへお任せ

不用品回収って何?

こんにちは、不用品回収のGoMeeeです。

不用品回収を利用するのは、人生で1度あるかないか。不用品回収とか廃品回収とか呼ばれているけど、何をどこまでやってくれるのかあんまり知らない方がほとんどだと思います。

この記事では、不用品回収業者がやってくれること、粗大ごみや普段のごみ収集との違い、業者による料金の違い、さらに回収されたものがどこへ行くのか、不用品回収業者の買い取りは高いのかなどなど、じっくりとご説明して行きたいと思います!

本記事のメニュー

  1. 不用品回収業者がやってくれること
  2. 粗大ごみとの違い
  3. 業者による料金の違い
  4. 気づくのが難しい不用品回収業者の不正・詐欺・ぼったくり
  5. 回収したものはどこへ行くの??
  6. 汚いおじさんが回収に来て部屋まで入ってこられたらイヤだ
  7. 不用品回収業者による買取は高い??

不用品回収業者がやってくれること

不用品回収とは、大きな食器棚や冷蔵庫、洗濯機をお部屋からあなたの代わりに運び出し、処分までやってくれるとても便利なサービスです。

もしあなたのお部屋がペットボトルや雑誌で埋め尽くされていて困っているなら、「分別」「袋詰め・箱詰め」「お部屋からの運び出し」「トラックへの積み込み」「回収」とすべてを代わりにやってくれますので、何もせずに引っ越し直後の快適な環境に戻すことができます。

生活に使用しているもののほとんどを回収することができますので、3人掛けの重いソファーも、大きなダブルベッドのマットレスも、あなたの労力を使わずに処分することができます!

普段のごみ収集や、粗大ごみとの違いを見ていきましょう!

粗大ごみや普段のゴミ収集との違い

粗大ごみを処分するには最低でも1週間後の回収日を予約して、当日の朝8時までに玄関の外に出しておく必要があります。また、普段のゴミ収集ではほとんどの地区で1日3~4袋までしか出してはいけないと決まっています。

こうしたルールがあると、1人暮らしで忙しくて引っ越しの準備がまったくできない人にとっては、不用品の処分がとても難しいものになってしまいます。引っ越しギリギリで粗大ごみを予約してもすぐには回収してくれませんし、大量のごみを袋に詰め込んでも1日3~4袋しか外に出せないのですべてを処分することができないのです。

不用品回収なら当日の予約でその日にすべてを回収してくれる可能性もあります。もちろん1日の上限なんてありませんし、大きなゴミでもお部屋からの運び出しから対応してくれます。

業者による料金の違い

不用品回収業者は全国に何社もあり、料金やサービスに大きな違いがあります。

複数の会社を比較する時には、不用品を軽トラックに積み放題できるサービスが主流になっており、このサービスを基準に考えると比較しやすいです。

例えば、GoMeeeの軽トラック積み放題は29800円です。しかし、別の不用品回収業者を見ると軽トラック積み放題プランは8000円から業者があります。

もちろん、こんなに差があるのには理由がありまして、安い回収業者さんの詳細を見ていくとちゃんと以下のように書いてあります。

・「荷台の高さから1mまで、背の高いものは追加料金」→荷台から1mだとかなり量が少なめで自転車でも飛び出します。追加料金を考えると料金は3万円を超えていきます。

・「リユース、リサイクルが前提の不用品回収です、汚れ・傷のあるものは回収できない可能性があります」→鉄や家電など販売できるもの、もしくは国内販売、輸出販売できる家具のみの回収。それ以外は追加料金となります。つまり、処分にお金がかかるものは引き取らないということ。この場合リサイクルショップでも売れるものをお金を出して引き取ってもらうことになってしまいますので気を付けましょう。

不用品回収業者による料金の違いは、以上のように制限をかけることで安く見せるようになっていますので、詳細をよく読んで依頼するようにしてください。

気づくのが難しい不用品回収業者の不正・詐欺・ぼったくり

最近はネットでの比較が激しくなっており、ぼったくりも減ってきたようですが、いまだに広告チラシで名前も出さずに回収をやっている業者は不当な高額請求での回収を行っているようです。

特にネットを使えない高齢者の方には、クレームにならないギリギリの範囲で高く料金を取るというやり方をしており、依頼者の懐を探りながら見積もりをする業者が増えています。

クレームになっていないなら良いのかもしれませんが、1ルームの平均的な物量のお部屋で100万円かかったという話を聞いたこともあり、たとえお客様が納得していてもやりすぎではないかと感じます。

みなさんには、できるだけ相見積もりをとっていただき、定額で回収をやっている業者を選んでほしいなぁと思います。

回収したものはどこへ行くの??

不用品回収で回収されたものは、基本リユース&リサイクルです。

「適当なこと言って~」と言われそうな気まり文句ですが、本当に90%がリユース&リサイクルなんです。

料金の高い業者は、すべてを処分に回しているところがありますが、GoMeeeでは違います。

例えば海外輸出の浜屋を利用しており、ブラウン管のテレビ、ガスファンヒーター、ガスコンロなどはすべて輸出販売をしております。

また、再利用できる家具は千葉のジェーアンドジェーカンパニーさんで輸出していただいています。

フライパンやラックなどは鉄資源として国内でリサイクル、洋服は古いものはダスターとして、まだ着られるものは古着店。

他にも食器、雑貨、ほぼすべてをリユース&リサイクルしており、処分するものはどうしても使えないもの、例えば崩した棚、壊れた衣装ケースなどは処分しております。

汚いおじさんが回収に来て部屋まで入ってこられたらイヤだ

最近は汚い恰好で不用品回収をしている業者が減っています。

これはGoMeeeだけではなく、他の業者さんもそろったユニフォームを着用していたり清潔な服装を心掛けて作業しています。

不用品回収だから汚くていいというような風潮は、ネットで検索・比較されることが当たり前になった今はなくなっているようです。

まったく気にせず作業をしている業者もまだまだいますので、しっかり相見積もりをとって、気に入った業者さんに依頼するようにしましょう!

不用品回収業者による買取は高い??

不用品回収業者による買取はおススメしません。

不用品の回収をメインにしている以上、販売の方に力を入れてリサイクルショップに勝てるということはまずないでしょう。

高く買ってほしいと考えるのであれば、不用品回収を依頼する前に必ずリサイクルショップに買取見積もりしてもらってからにしましょう。

面倒だから全部引き取ってほしいという場合のみ、不用品回収にお願いするのが良いと思います。

リサイクルショップに買取をしてもらってから、売ることができなかったものだけを不用品回収に依頼すると一番負担は少なくなりますよ!

 

不用品回収は便利なサービスですが、業者をよく選ばないと後悔してしまいます。

売れるものまでお金を出して処分してしまったとか、ホームページでは安く書いてあったけど当日の追加料金で高くなってしまったとか。

引っ越しや遺品整理は大事なライフイベントです。気持ちよく終わることを祈っています!

不用品回収のGoMeee

-不用品回収

Copyright© 不用品回収は「GoMeee!!」(ゴーミー) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.